top of page

J Circus

Public·42 Circassiens

日本 セルビア ライブマッチ 11/12/2023


日本・セルビア演劇交流プロジェクト『バルカンのスパイ』が11月21日~23日に、東京のブレヒトの芝居小屋で上演されます。 日本・セルビア演劇交流 ...


主な活動 of 日本セルビア協会時期 内容 場所 2005年3月 設立総会開催 大使館 2005年6月 講演会「セルビア・モンテネグロの歴史と文学」 (セルビア・モンテネグロ研究家 田中 一生 氏) 2006年3月 講演会「セルビア・モンテネグロの印象」 (前在セルビア・モンテネグロ日本国大使 田邊 隆一 氏) 2006年4月 フィリポブ大使夫人のティーパーティー 2007年9月 講演会「最近のセルビア情勢について」 (在セルビア日本国大使 長井 忠 氏) 2008年 4月~9月 『セルビアのナイーヴ・アート展』全国巡回展覧会開催 <大分展> 4月15日~5月11日 <尾道展> 5月24日~6月15日 <東京展> 7月27日~9月14日 大分県立美術会館 尾道市立美術館 多摩美術大学美術館 2008年 ニコラ・テスラ銅像設立事業(平下治氏)に賛助 2009年7月 セルビアのアコーディオン奏者ミシュコ・プラヴィ特別コンサート 東京大学駒場キャンパス18号館ホール 2009年10月 劇団黒テント『ショパロヴィッチ巡業劇団』公演(10/14~22)に協力 シアターイワト (東京) 2010年2月 セルビア国立コロー民族音楽舞踊団日本公演(2/25~3/17)後援 2010年5月 劇団黒テント『パビリオン』公演(5/22~30)に協力 せんがわ劇場 (東京) 2011年1月 講演会「最近のセルビア情勢について」 (在セルビア日本国大使 角崎 利夫 氏) 2012年9月 「セルビア日本交流130周年記念祝典」への明治神宮使節団訪問事業への協力・後援 ベオグラード NPO法人日本ユーゴ・アートプロジェクトによる展覧会後援 「Sa Okayame 岡山から-2012セルビアと日本のアーティスト」 2012年11月 【日本セルビア交流130周年記念】講演会 「日本とセルビアの関係」 (㈱三井物産戦略研究所特別顧問・当協会会長 都甲 岳洋 氏) 「私の日本・セルビア文化交流史」 (翻訳家・ユーゴスラビア研究家 山﨑 洋 氏) 学習院女子大学 2号館3階236教室 2012年12月 【日本セルビア交流130周年記念】 映画上映会 『モンテヴィデオ』 『アンダーグラウンド』 ヴァイオリンミニ・コンサート(セルビアのヴァイオリン奏者ラドミラ・ヴァルダリッチ) めぐろパーシモン 小ホール 2013年3月 講演会「4年半のセルビア勤務を振り返って」 (前在セルビア日本国大使 角崎 利夫 氏) 2013年9月 セルビアのアコーディオン奏者ミシュコ・プラヴィと日本の若手音楽家 (邦楽・クラシック)とのコラボレーションコンサート 2014年3月 講演会「ベオグラードいまむかし」 (外務省研修所総括指導官 亀田 和明 氏) 2014年7月 セルビア日本音楽交流推進の会主催「洪水被害チャリティーコンサート」に協力 2014年10月 ブランコ・ツヴェトコビッチ民族舞踊団招聘事業に協賛・後援 2015年4月 ニコラ・テスラ銅像のセルビア共和国大使館設置除幕式 2015年7月 ブランコ・ブケリッチ没後70年記念イベントに協力 セルビアの民族音楽の夕べ~セルビアの恵まれない子供たちを支援するためのチャリティーイベント~に協力 2015年8月 ツヴェトコビッチ民族舞踊団来日公演を振り返る集いに協力 2015年9月 セルビア料理を楽しむ会 2015年12月 セルビア研究者との懇談会に協力 2016年3月 講演会「最近のセルビア政治経済情勢と日本セルビア関係」 (外務省欧州局中・東欧課 齋藤厚氏) 一般社団法人 壁なき演劇センター/演劇集団「ア・ラ・プラス」 『ビザール~奇妙な午後~』リーディング公演+トークイベントに協力 初台スタジオ(東京) 富士見市民文化会館キラリふじみ (埼玉県富士見市) 2016年5月 日本とセルビアの文化交流のためのチャリティーバザー (主催:セルビア日本音楽交流推進の会)に協力 2016年8月 講演会「セルビアへのご招待」(長井会長) 山口県防府市役所 2016年10月 第1回セルビア視察団 セルビア共和国 2017年3月 講演会「セルビアの精神の源流~東方正教の信仰とセルビアの教会~ (会員・横浜ハリストス正教会司祭 水野宏氏) 2017年6月 在日セルビア共和国大使館主催「日本セルビア135周年懇親会」に協力 2017年9月 イェレナさんのセルビア料理本出版の資金援助のためのバザー(主催:セルビア日本音楽交流推進の会)に協力 在日セルビア人のみなさんとふれあう会 2018年3月 講演会「セルビアとの演劇交流について」 (会員・演劇集団ア・ラ・プラス代表演出家 杉山剛志氏) 2018年4月 第2回セルビア視察団 2018年6月 2018年7月 日本とセルビアの更なる文化交流推進のためのバザー(主催:セルビア日本音楽交流推進の会)に協力 在ニコライ堂(東京復活大聖堂教会)拝観の会 (会員・横浜ハリストス正教会司祭 水野宏氏) ニコライ堂 2018年9月 セルビアにおける古代ローマ文化を五感で味わう会 (音食紀行:遠藤雅司氏) 2018年11月 イヴァン・バーシッチ ピアノリサイタル(主催:セルビア日本音楽交流推進の会)に協力 篠笛とアコーディオンによる日本とセルビアの調べコンサート(主催:セルビア日本音楽交流推進の会)に協力 《共催:日本セルビア協会防府支部・防府市ホストタウン推進事業実行委員会》グリシッチ大使の防府訪問に伴う懇親会に協賛 防府グランドホテル 2018年12月 《大使館との共催》Bonenkai☆忘年会 2020年東京五輪・パラリンピックのセルビアホストタウン関係支援~柏崎市(新潟県):水球、防府市(山口県)バレーボール 2019年1月 ニコラ・テスラ展オープニングセレモニーを盛り上げるツアー 防府市(山口県) 2019年3月 大使館の思い出を振り返るプレゼンテーション(グリシッチ大使) 2019年6月 セルビア出身のオペラ歌手エフゲニア・イエレミッチさん歓迎会 ST. [[テレビ@@@]] 日本 セルビア ライブマッチ 11 12月 2023 バレーボール女子日本代表vsセルビア丨放送予定一覧! 2023/06/12 — テレビ・ネット中継・ライブ配信/ネーションズリーグ2023. 強豪の女子代表チームが集うバレーボール ... 日本・セルビア演劇交流プロジェクト『バルカンのスパイ 日本・セルビア演劇交流プロジェクト『バルカンのスパイ』が11月21日~23日に、東京のブレヒトの芝居小屋で上演されます。 日本・セルビア演劇交流 ... 【10月6日】日本vsセルビアの放送/配信予定 ワールドカップ 2023/10/06 — 「FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023」の男子大会の第5戦が10月6日(金)に開催される。 ▷【W杯バレー男子第5戦】日本vsセルビアをライブ配信! 日本、セルビアに完敗 0-3 サッカー親善試合 2010/04/07 — 前半を0-2で折り返すと、後半にもセルビアに追加点を許した。これでワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本代表発表前のテストマッチが終了、代表 ... バレーボールネーションズリーグ 2023 男子 予選 日本 対 ... チームずつ参加する。 男子 予選 日本 対 セルビア. ライブ開催地. 日本ガイシホール. キャスト・スタッフ. 出演. 石川祐希 · 西田有志 · 髙橋藍 · 柳田将洋 · 山内晶大 ... 公益社団法人 日本フェンシング協会 公式サイト 日本フェンシング協会の公式ウェブサイトへようこそ! 当協会は、我が国におけるフェンシング競技を統括する唯一の団体として、フェンシング競技を通して国民の心身の ... ストイコビッチVS森保…セルビアと日本、サッカー代表監督の 2021/06/10 — 日本代表監督(52)は、選手・監督として何度となく顔を合わせてきた。両監督の再会マッチを機に、2人の対決史を振り返ってみよう。(敬称略、込山 ... 【バスケW杯】FIBAワールドカップ2023 全試合結果・順位表 2023/09/10 — DAZN / 日本テレビ系列 / バスケットLIVE / TVer. 8月29日(火 ドイツ 83-77 セルビア, マニラ(PHI), DAZN / Courtside 1891 / 日本テレビ系列 / TVer ... 日本セルビア協会 ... - 「いいね!」1506件 · 16人が話題にしています - 日本セルビア協会オフィシャルページ日本とセルビア マッチを発明し、国際唯一の体温計やジアスターゼの製造にも成功 ... ワールドカップのデータベース【WorldCup's world】◆2022年W杯の表示/非表示 2023年12月11日 ◆本日、CAFアウォーズ2023 CAF(アフリカサッカー連盟)は11日、2023年アフリカ年間最優秀選手賞等を発表するCAFアウォーズ2023をマラケシュ(モロッコ)で開催する。 ※GMT18:00(日本時間翌3:00)から ※LIVE (YouTube) ●最優秀選手:- (-/-) ●最優秀女性選手:- (-/-) ●連盟内クラブ最優秀選手:- (-/-) ●連盟内クラブ最優秀女性選手:- (-/-) ●最優秀若手選手:- (-/-) ●最優秀若手女性選手:- (-/-) ●最優秀GK:- (-/-) ●最優秀女性GK:- (-/-) ●最優秀代表チーム:- ●最優秀女性代表チーム:- ●最優秀監督:- (-/-) ●最優秀女性チーム監督:- (-/-) ●最優秀クラブチーム:- (-) ●最優秀女性クラブチーム:- (-) ●最優秀ゴール:- (-/-:YouTube) ●年間最優秀選手:候補30名(1次候補10名→最終候補3名) 選手 国籍 所属クラブ モハメド・サラー エジプト リバプール アクラフ・ハキミ モロッコ パリ・サンジェルマン ヴィクター・オシムヘン ナイジェリア ナポリ リヤド・マフレズ アルジェリア マンチェスター・C→アル・アハリ フランク・フランク・ザンボ・アンギサ カメルーン ヴァンサン・アブバカル アル・ナスル→ベジクタシュ ソフィアン・アムラバト フィオレンティーナ→マンチェスター・U ヤシン・ブヌ セビージャ→アル・ヒラル ユセフ・エン・ネシリ セビージャ サディオ・マネ セネガル バイエルン→アル・ナスル ラミ・ベンセバイニ ボルシアMG→ドルトムント エドモン・タプソバ ブルキナファソ レバークーゼン イブラヒム・サンガレ コートジボワール PSV→ノッティンガム・フォレスト セコ・フォファナ ランス→アル・ナスル シャンセル・ムベンバ DRコンゴ マルセイユ フィストン・マイェレ ヤング・アフリカンズ→ピラミッズ マハムード・アブデル・モネイム・”カハラバ” アル・アハリ モハメド・アブデル・モネイム モハメド・エル・シェナウィ モハメド・クドゥス ガーナ アヤックス→ウェスト・ハム トーマス・パーテイ アーセナル セール・ギラシ ギニア レンヌ→シュツットガルト イヴ・ビスマ マリ トッテナム アゼディン・ウナヒ アンジェ→マルセイユ ハキム・ジイェシュ チェルシー→ガラタサライ ヤヒア・ジャブラヌ ウィダドAC ピーター・シャルリル ナミビア マメロディ・サンダウンズ パプ・マタル・サール パーシー・タウ 南アフリカ モハメド・アリ・ベン・ロムダン チュニジア エスペランス→フェレンツヴァーロシュ ※過去のアフリカ年間最優秀選手一覧 ●年間最優秀女性選手:候補10名(2次候補10名→最終候補3名) アシサト・オショアラ バルセロナ テンビ・クガトラナ レーシング・ルイヴィル バーバラ・バンダ ザンビア 上海胜利 アジャラ・エンシュート・ンジョヤ インテル アニッサ・ラフマリ レバンテ・ラス・プラナス ファティマ・タグナウト AS FAR ギスラン・シェバク チアマカ・ンナドジー パリFC アンディレ・ドラミニ ヒルダ・マガイア 世宗スポーツトト ●年間最優秀選手(アフリカ連盟内クラブ所属):候補20名(1次候補10名→最終候補3名) アイメン・マヒウス USMアルジェ→イヴェルドン・スポール ジネディーヌ・ベライド USMアルジェ ヤヒア・アッティヤト・アラー ヤヒヤ・ジャブラヌ アリ・マールル ウサマ・ベンボ マカビ・リレポ アル・ヒラル→ヴァランシエンヌ フセイン・エル・シャハト モスタファ・ファティ アル・タアーウン→ピラミッズ ジギ・ディアッラ ヤング・アフリカンズ ユセフ・エル・モティエ ランガ・チヴァヴィロ マルモ・ギャランツ→カイザー・チーフス ロンウェン・ウィリアムズ ●年間最優秀女性選手(アフリカ連盟内クラブ所属):候補5名(2次候補5名→最終候補3名) レフィルウェ・トラケレ ボツワナ レボハン・ラマレペ コンフォート・イェボアー アムペム・ダーコア・レディース ●年間最優秀若手選手:候補10名(1次候補5名→最終候補3名) アブデ・エザルズリ (21歳) バルセロナ→オサスナ→ベティス ラミーヌ・カマラ (19歳) ジェネレーション・フット→メス アマラ・ディウフ (15歳) ジェネレーション・フット ダンゴ・ワッタラ (21歳) ロリアン→ボーンマス ビラル・エル・ハヌス (19歳) ヘンク スレイマン・アリオ (17歳) ニュー・スターズ アーネスト・ヌアマ (20歳) ノアシェラン→モレンベーク→リヨン ギフト・オルバン (21歳) スタバエク→ヘント パパ・アマドゥ・ディアロ (19歳) パプ・ディオプ (20歳) ズルテ・ワレヘム ●年間最優秀女性若手選手:候補5名(2次候補5名→最終候補3名) コンフォート・イェボアー (16歳) ネスリン・エル・チャド (20歳) リール デボラ・アビオドゥン (20歳) リバーズ・エンジェルス エスザー・アジャカイェ (17歳) ロボ・クイーンズ トゥベリフレ・シャマセ (21歳) ヨハネスブルク大 ●年間最優秀GK:候補10名(1次候補10名→最終候補3名) アンドレ・オナナ インテル→マンチェスター・U エドゥアール・メンディ チェルシー→アル・アハリ パパ・ママドゥ・サイ ジェネレーション・フット→セラン ランディング・バジ ピキン→アリス・リマソル→ウム・サラル ●年間最優秀女性GK:候補5名(2次候補5名→最終候補3名) ハジャ・エル・ルミシ イマネ・アブデラハド SCカサブランカ ケイリン・スワート JvW ●年間最優秀監督:候補10名(1次候補5名→最終候補3名) チーム アブデルハク・ベンチハ USMアルジェ (アルジェリア) ワリド・レグラギ モロッコ代表 アリュー・シセ セネガル代表 マルセル・コラー スイス アル・アハリ (エジプト) トム・セイントフィート ベルギー ガンビア代表 ファン・ミチャ 赤道ギニア 赤道ギニア代表 バシーロ・カンデ ギニアビサウ ギニアビサウ代表 アミル・アブドゥ コモロ モーリタニア代表 シキーニョ・コンデ モザンビーク モザンビーク代表 パペ・チャウ セネガル代表 (CHAN) ●年間最優秀女性チーム監督:候補5名(2次候補5名→最終候補3名) レイナール・ペドロス フランス デジリー・エリス 南アフリカ代表 ジェリー・シャバララ マメロディ・サンダウンズ (南アフリカ) メフディ・エル・カイシュリ SCカサブランカ (モロッコ) ランディ・ウォルドラム アメリカ ナイジェリア代表 ●年間最優秀代表チーム:候補10チーム(1次候補5名→最終候補3チーム) ガンビア モーリタニア カーボベルデ タンザニア ●年間最優秀女性代表チーム:候補5チーム(2次候補5チーム→最終候補3チーム) ●年間最優秀クラブチーム:候補10チーム(1次候補5名→最終候補3チーム) ウィダドAC (モロッコ) ヤング・アフリカンズ (タンザニア) CRベルイーズダッド (アルジェリア) ASECミモザ (コートジボワール) ラジャ・カサブランカ (モロッコ) マルモ・ギャランツ (南アフリカ) エスペランス・チュニス (チュニジア) ●年間最優秀女性クラブチーム:候補5チーム(2次候補5チーム→最終候補3チーム) AS FAR (モロッコ) アムペム・ダーコア・レディース (ガーナ) JKTクイーンズ (タンザニア) ●関連データ 過去のアフリカ年間最優秀選手一覧 ◆国際親善試合 2023年12月8日 ◆コパアメリカ2024・アメリカ大会:組み合わせ抽選会、結果 CONMEBOLは7日、CONCACAFと共催するコパアメリカ2024・アメリカ大会(6/20~7/14)の組み合わせ抽選会をマイアミ(アメリカ)で行った。 ※EST19:30から(日本時間翌9:30から) ●コパアメリカ2024・アメリカ大会:組み合わせ抽選結果 グループA グループB グループC グループD アルゼンチン メキシコ ブラジル ペルー エクアドル ウルグアイ コロンビア チリ ベネズエラ パナマ パラグアイ CONCACAFプレーイン勝者1 ジャマイカ ボリビア CONCACAFプレーイン勝者2 ※各グループ上位2チーム(計8チーム)が準々決勝に進出。 ※コパアメリカ2024組み合わせ抽選抽選:ポット分け ※CONCACAF NL 2023-24予選大会プレーインプレーイン (勝者2チームがコパ・アメリカ2024出場権獲得) 2024/3/23 カナダ - トリニダードトバゴ コスタリカ ホンジュラス ●関連データ ※コパ・アメリカ:1975年大会以降の結果 ●1975年(ホーム&アウェー)大会: 優勝ペルー 最優秀選手:テオフィロ・クビジャス(ペルー) 得点王(4点):レオポルド・ルケ(アルゼンチン)、エルネスト・ディアス(コロンビア) ●1979年(ホーム&アウェー)大会: 優勝パラグアイ 最優秀選手:カルロス・カセリー(チリ) 得点王(4点):ホルヘ・ペレド(チリ)、エウヘニオ・モレル(パラグアイ) ●1983年(ホーム&アウェー)大会: 優勝ウルグアイ 最優秀選手:エンツォ・フランチェスコリ(ウルグアイ) 得点王(3点):ホルヘ・ブルチャガ(アルゼンチン)、ロベルト・ジナミッチ(ブラジル)、カルロス・アギレラ(ウルグアイ) ●1987年アルゼンチン大会: 最優秀選手:カルロス・バルデラマ(コロンビア) 得点王(4点):アルノルド・イグアラン(コロンビア) ●1989年ブラジル大会: 優勝ブラジル 最優秀選手:ルベン・ソサ(ウルグアイ) 得点王(6点):ベベット(ブラジル) ●1991年チリ大会: 優勝アルゼンチン 最優秀選手:レオナルド・ロドリゲス(アルゼンチン) 得点王(6点):ガブリエル・バティストゥータ(アルゼンチン) ●1993年エクアドル大会: 最優秀選手:セルヒオ・ゴイコチェア(アルゼンチン) 得点王(4点):ホセ・ルイス・ドルヘッタ(ベネズエラ) ●1995年ウルグアイ大会: 得点王(4点):ガブリエル・バティストゥータ(アルゼンチン)、ルイス・ガルシア(メキシコ) ●1997年ボリビア大会: 最優秀選手:ロナウド(ブラジル) 得点王(6点):ルイス・エルナンデス(メキシコ) ●1999年パラグアイ大会: 最優秀選手:リバウド(ブラジル) 得点王(5点):ロナウド(ブラジル)、リバウド(ブラジル) ●2001年コロンビア大会: 優勝コロンビア 最優秀選手:アマド・ゲバラ(ホンジュラス) 得点王(6点):ビクトル・アリスティサバル(コロンビア) ●2004年ペルー大会: 最優秀選手:アドリアーノ(ブラジル) 得点王(7点):アドリアーノ(ブラジル) ●2007年ベネズエラ大会: 最優秀選手:ロビーニョ(ブラジル) 得点王(6点):ロビーニョ(ブラジル) ●2011年アルゼンチン大会: 最優秀選手:ルイス・スアレス(ウルグアイ) 得点王(5点):ホセ・パオロ・ゲレーロ(ペルー) ●2015年チリ大会: 優勝チリ 最優秀選手:無し(リオネル・メッシ(アルゼンチン)が選出されたが辞退) 得点王(4点):エドゥアルド・バルガス(チリ)、ホセ・パオロ・ゲレーロ(ペルー) 最優秀若手選手:ジェイソン・ムリージョ(コロンビア) 最優秀GK:クラウディオ・ブラボ(チリ) フェアプレー賞:ペルー ●2016年アメリカ大会(※コパ・アメリカ・センテナリオ:CONMEBOLとCONCACAFが参加): ゴールデンボール賞(最優秀選手):アレクシス・サンチェス(チリ) ゴールデンブート賞(得点王(6点)):エドゥアルド・バルガス(チリ) ゴールデングローブ賞(最優秀GK):クラウディオ・ブラボ(チリ) フェアプレー賞:アルゼンチン ●2019年ブラジル大会: ゴールデンボール賞(最優秀選手):ダニエウ・アウヴェス(ブラジル) ゴールデンブート賞(得点王(3点)):エヴェルトン(ブラジル) ゴールデングローブ賞(最優秀GK):アリソン(ブラジル) フェアプレー賞:ブラジル ●2021年ブラジル大会: ゴールデンボール賞(最優秀選手):リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル) ゴールデンブート賞(得点王(4点5アシスト)):リオネル・メッシ(アルゼンチン) ゴールデングローブ賞(最優秀GK):エミリアーノ・マルティネス(アルゼンチン) ●2024年アメリカ大会(※CONCACAF6チームがゲスト参加): 優勝− ゴールデンボール賞(最優秀選手):-(-) ゴールデンブート賞(得点王(-点)):-(-) ゴールデングローブ賞(最優秀GK):-(-) ※コパ・アメリカ:国別過去の優勝回数 ・アルゼンチン:15回 ・ウルグアイ:15回 ・ブラジル:9回 ・パラグアイ:2回 ・チリ:2回 ・ペルー:2回 ・コロンビア:1回 ・ボリビア:1回 2023年12月7日 ◆日本代表メンバー発表 2023年12月3日 ◆EURO2024・ドイツ大会:組み合わせ抽選会、結果 2023年12月2日 ◆U-17ワールドカップ2023・インドネシア大会:最終結果 ●優勝:ドイツ (初) ●準優勝:フランス ●3位:マリ ●ゴールデンボール賞(最優秀選手賞) パリス・ブルナー (ドイツ) ・シルバーボール賞: ハミドゥ・マカル (マリ) ・ブロンズボール賞: マティス・アムグ (フランス) ●ゴールデンブート賞(得点王) アグスティン・ルベルト (アルゼンチン):8点 ・シルバーブート賞: イブラヒマ・ディアッラ (マリ):5点4アシスト ・ブロンズブート賞: クラウディオ・エチェベリ (アルゼンチン):5点2アシスト ●ゴールデングローブ賞(最優秀GK) ポール・アーニー (フランス) ●フェアプレー賞 イングランド●関連データ ※U-17W杯(旧U-17世界選手権):過去の結果 ●1985年中国大会: 優勝ナイジェリア 最優秀選手:ウィリアン(ブラジル) 得点王:マルセル・ヴィテチェク(西ドイツ) フェアプレー賞:西ドイツ ●1987年カナダ大会: 優勝ソ連 最優秀選手:フィリップ・オスンド(ナイジェリア) 得点王:ムサ・トラオレ(コートジボワール) フェアプレー賞:ソ連 ●1989年スコットランド大会: 優勝サウジアラビア 最優秀選手:ジェームス・ウィル(スコットランド) 得点王:フォデ・カマラ(ギニア) フェアプレー賞:バーレーン ●1991年イタリア大会: 優勝ガーナ 最優秀選手:ニイ・オダルティ・ランプティ(ガーナ) 得点王:アドリアーノ(ブラジル) ●1993年日本大会: 最優秀選手:ダニエル・アッド(ガーナ) 得点王:ウィルソン・オルマ(ナイジェリア) フェアプレー賞:ナイジェリア ●1995年エクアドル大会: 最優秀選手:モハメド・アル・カティリ(オマーン) 得点王:ダニエル・オールソップ(オーストラリア) ●1997年エジプト大会: 最優秀選手:セルヒオ(スペイン) 得点王:ダビド(スペイン) ●1999年ニュージーランド大会: 最優秀選手:ランドン・ドノバン(アメリカ) 得点王:イスマエル・アッド(ガーナ) フェアプレー賞:メキシコ ●2001年トリニダードトバゴ大会: 優勝フランス 最優秀選手:フローラン・シナマ・ボンゴーユ(フランス) 得点王:フローラン・シナマ・ボンゴーユ(フランス) ●2003年フィンランド大会: 最優秀選手:セスク・ファブレガス(スペイン) 得点王:セスク・ファブレガス(スペイン) フェアプレー賞:コスタリカ ●2005年ペルー大会: 優勝メキシコ 最優秀選手:アンデルソン(ブラジル) 得点王:カルロス・ベラ(メキシコ) フェアプレー賞:北朝鮮 ●2007年韓国大会: 最優秀選手:トニ・クロース(ドイツ) 得点王:マコーリー・クリサンタス(ナイジェリア) ●2009年ナイジェリア大会: 優勝スイス 最優秀選手:サニ・エマヌエル(ナイジェリア) 得点王:ボルハ(スペイン) 最優秀GK:ベンジャミン・ジーグリスト(スイス) ●2011年メキシコ大会: 最優秀選手:フリオ・ゴメス(メキシコ) 得点王:スレイマン・クリバリー(コートジボワール) 最優秀GK:ジョナタン・クベーロ(ウルグアイ) フェアプレー賞:日本 ●2013年UAE大会: 最優秀選手:ケレチ・イヘアナチョ(ナイジェリア) 得点王:ヴァルミール・ベリシャ(スウェーデン) 最優秀GK:デレ・アランパス(ナイジェリア) 最優秀選手:ケレチ・ヌワカリ(ナイジェリア) 得点王:ヴィクター・オシムヘン(ナイジェリア) 最優秀GK:サミュエル・ディアッラ(マリ) フェアプレー賞:エクアドル ●2017年インド大会: 優勝イングランド 最優秀選手:フィル・フォーデン(イングランド) 得点王:リアン・ブリュースター(イングランド) 最優秀GK:ガブリエウ・ブラゾン(ブラジル) 最優秀選手:ガブリエウ・ヴェロン(ブラジル) 得点王:ソンティエ・ハンセン(オランダ) 最優秀GK:マテウス・ドネッリ(ブラジル) ●2023年インドネシア大会: 優勝ドイツ 最優秀選手:パリス・ブルンナー(ドイツ) 得点王:アグスティン・ルベルト(アルゼンチン) 最優秀GK:ポール・アーニー(フランス) フェアプレー賞:イングランド ◆U-17ワールドカップ2023・インドネシア大会 ●決勝戦 ・ドイツ 2-2(PK4-3) フランス ●決勝トーナメント ●U-17W杯2023グループリーグ 試合 勝 分 負 得点 失点 勝点 3 2 0 1 5 6 4 インドネシア スペイン 7 8 ウズベキスタン 10 イングランド 13 イラン 9 ニューカレドニア 24 日本 ポーランド グループE 韓国 グループF ドイツ ニュージーランド ※A~F各グループ上位2チームと3位のうち成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。●関連データ 最優秀選手:パリス・ブルナー(ドイツ) ◆パシフィック・ゲームズ2023:サッカー男子 ※2023年パシフィック・ゲームズ(南太平洋諸国競技大会)・ホニアラ(ソロモン諸島)大会:サッカー男子 ◆決勝戦(ホニアラ) 2 2−1 ソロモン諸島 0−1 9 PK 8 Lues Waya 7' S. 【10月6日】日本vsセルビアのテレビ放送/配信予定 W杯バレー 2023/10/04 — 「FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023男子」は、『FODプレミアム』とAmazon『FODチャンネル』にて、日本戦全試合と強豪国の注目試合をライブ配信 ... 【公式】日本vsセルビアの試合結果・データ(代表親善試合:2021年6月11日):Jリーグ公式サイト(J. LEAGUE. jp)今日の試合 チケット テレビ ニュース 代表親善試合 2021年6月11日(金)19:28KO ノエビアスタジアム神戸 日本 試合終了 1 0前半0 1後半0 7SH4 2CK0 9FK28 0 セルビアセルビア 48'伊東 純也 試合経過 フジテレビ系列 見どころ 試合情報 戦評 一覧へ コメントをする 特集・大会 もっとみる 2023 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集 2023J1昇格プレーオフ アウォーズ2023 2023JリーグYBCルヴァンカップ決勝 シーズン移行の検討 2023JリーグYBCルヴァンカップ AFCチャンピオンズリーグ 2023-224 2023天皇杯 2023 明治安田生命Jリーグ フライデーナイトJリーグ 明治安田生命Jリーグ 月間表彰 2023 移籍情報 大会概要まとめ JLEAGUE UNDER14 2023 シャレン Jリーグ公式試合での写真・動画のSNS投稿ガイドライン 出場停止選手 登録選手追加・変更・抹消 X FaceBook Instagram YouTube LINE TikTok J. 【バレー】男子日本代表、セルビアにストレート勝利し、4 2023/10/06 — 相手のミスでマッチポイントとなり、最後は日本のブロックで25-22。ストレート勝利で4勝目を挙げた。 最多得点の16点を挙げた西田有志は「足首を捻るなど ... 森保vsピクシー 伊東純也の代表1300ゴールで勝利/セルビア 2021/06/11 — 後半にMF伊東純也(28=ゲンク)が日本の国際Aマッチ通算1300号となる 日本対セルビア 後半、オナイウ阿道がゴールを決めるがオフサイドとなる ... 2022/06/25 セルビア女子 VS 日本女子 | 女子代表国際親善試合 2022/06/25 — 62'猶本 光; 76'宮澤 ひなた; 81'千葉 玲海菜; 88'成宮 唯. 試合データ · テキストライブ · スタッツ · チームメンバー. NEW ARTICLES. 新着記事.


À propos

Bienvenue ! 🎪 Vous pouvez poser des questions, répondre à c...

Circassiens

bottom of page